医療レーザー脱毛は肌が弱くても平気?

医療レーザー脱毛は永久脱毛として認可されている脱毛方法です。
レーザー医療機器を使用するため皮膚科や美容整形外科などの医療機関のみでおこなわれている脱毛方法で、エステサロンなどではおこなうことはできません。
医療レーザー脱毛機器には使用するレーザーにはいくつかの種類があり、「ルビーレーザー」、「ヤグレーザー」、「ダイオードレーザー」、「アレキサンドライトレーザー」がありますが、国内で主に使用されているのはダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーの2種類です。
ダイオードレーザーは最も痛みの少ないレーザーで、他の方法では難しいとされている産毛の脱毛にも効果があり、ムダ毛処理などで最も良く使われているレーザーです。
アレキサンドライトレーザーは最も新しいレーザーで、機器がコンパクトなので脱毛処理がしやすくなっているのが大きな特徴です。
いずれの場合も脱毛処理後は日焼けのような状態になるので、肌の弱い人はアフターケアが大切になります。